“鈞陶”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きんとう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鈞陶”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 伝記 > 個人伝記0.4%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
その東北二山の大なる者は唐人山と為す、朝鮮俘虜ふりょ鈞陶きんとうする処。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)