“金柑元結:きんかんもとゆひ” の例文
“金柑元結:きんかんもとゆひ”を含む作品の著者(上位)作品数
泉鏡花1
“金柑元結:きんかんもとゆひ”を含む作品のジャンル比率
技術・工学 > 家政学・生活科学 > 衣服 裁縫100.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
元結あり、白元結しろもとゆひ黒元結くろもとゆひ奴元結やつこもとゆひ金柑元結きんかんもとゆひ色元結いろもとゆひ金元結きんもとゆひ文七元結ぶんしちもとゆひなど皆其類なり。
当世女装一斑 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)