“金杉村:かなすぎむら” の例文
“金杉村:かなすぎむら”を含む作品の著者(上位)作品数
三遊亭円朝1
“金杉村:かなすぎむら”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸1.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
ある鍼医はりいの家の玄関番に住込み、少しばかり鍼術はりを覚えたので、下谷金杉村かなすぎむらに看板をかけ、幇間たいこ半分に諸家へ出入をいたしてるうち
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)