“金札緋威:きんざねひおどし” の例文
“金札緋威:きんざねひおどし”を含む作品の著者(上位)作品数
菊池寛1
“金札緋威:きんざねひおどし”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
作り髭を付け、唐冠からかんむりかぶとを著け、金札緋威きんざねひおどしの鎧に朱塗の重籐しげとうの弓を握り、威儀堂々と馬に乗って洛中を打ち立った。
小田原陣 (新字新仮名) / 菊池寛(著)