“金木:カナギ” の例文
“金木:カナギ”を含む作品の著者(上位)作品数
折口信夫1
“金木:カナギ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日本文学0.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「……天つ宮事ミヤゴトもちて、大中臣、天つ金木カナギを本うちきり、末うち断ちて、千座チクラ置座オキクラにおきタラはして、天つ菅曾スガソを本刈り断ち、末刈り切りて、八針にとりきて、天津祝詞の太祝詞事を宣れ。かくのらば、ヽヽヽ」——六月晦大祓
日本文学の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)