“金持:かなじ” の例文
“金持:かなじ”を含む作品の著者(上位)作品数
吉川英治1
“金持:かなじ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
出雲の守護、塩冶えんや判官高貞も、国元兵をつれて、前駆の役をつとめている。朝山太郎は五百騎で後陣にしたがい、金持かなじ大和守は、錦の旗を捧持し、また、伯耆守名和長年は、