“金平牛蒡:きんぴらごぼう” の例文
“金平牛蒡:きんぴらごぼう”を含む作品の著者(上位)作品数
太宰治1
“金平牛蒡:きんぴらごぼう”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 戯曲0.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
その時、あなたのお弁当のおかずは卵焼きと金平牛蒡きんぴらごぼうで、私の持って来たお弁当のおかずは、筋子すじこ粕漬かすづけと、玉葱たまねぎの煮たのでした。
冬の花火 (新字新仮名) / 太宰治(著)