“護法実”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ごほうざね50.0%
ごほうだね50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
俗に之を護法実と謂ふ。七日に至り東堂の庭に居らしめ、満山の衆徒盤環呪持すれば、此の人忽ち狂躍を示し、或は咆吼忿嗔して状獣属の如く、力大磐をぐ。
これは所謂護法実に護法が憑いた現象を示したものである。
それで無理に酒を飲ませて勤めさせるが、中々牛遣いの命令をきかぬそうだ。これは追儺祭の儺負人や、護法祭の護法実と同じ心理である。