“諧謔交”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おどけまじ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“諧謔交”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
岩村男は洋行帰り当時は、洒脱な交際ぶりと諧謔交おどけまじりの口上手と無学者ばかりの美術界に幾らか本を読んでゐる、もしくは本が読めるといふので重宝がられて、自分でも下手な絵の方はそつちのけに、美術の批評家になりすましてしまつた。