“蝶々深山:てふてふみやま” の例文
“蝶々深山:てふてふみやま”を含む作品の著者(上位)作品数
徳田秋声1
“蝶々深山:てふてふみやま”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
多分それは大笹峰や蝶々深山てふてふみやま、車山、蓼科たてしな山などであつたろう。
霧ヶ峰から鷲ヶ峰へ (新字旧仮名) / 徳田秋声(著)
PR