蚯蚓めめず)” の例文
蚯蚓ほどの守宮の子が梁のおもて一杯に目白おしになって動きまわるンで、ちょうど梁ぜんたいが揺れているよう。
顎十郎捕物帳:24 蠑螈 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
「結構な御時世さ。御用聞が昼近く起出して、蚯蚓と話をしているんだもの」