“落合堺:おちあいざかい” の例文
“落合堺:おちあいざかい”を含む作品の著者(上位)作品数
島崎藤村1
“落合堺:おちあいざかい”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
この達者たっしゃな隠居に言わせると、新茶屋の林の方で調べて来た倒れ木は、落合堺おちあいざかいの峰から風道通かざみちどおりへかけて、松だけでも五百七十本の余に上る。
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)