“落付払:おちつきはらっ” の例文
“落付払:おちつきはらっ”を含む作品の著者(上位)作品数
福沢諭吉1
“落付払:おちつきはらっ”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 伝記 > 個人伝記0.4%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
日本国中唯慶應義塾のみ此方こっちがこの通りに落付払おちつきはらって居れば、世の中は広いもので又妙なもので、兵馬騒乱の中にも西洋の事を知りたいとう気風は何処どこかに流行して、上野の騒動がむと奥州の戦争とり、その最中にも生徒は続々入学して来て、塾はます/\さかんになりました。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)