“落人詮議:おちうどせんぎ” の例文
“落人詮議:おちうどせんぎ”を含む作品の著者(上位)作品数
中里介山1
“落人詮議:おちうどせんぎ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「今年も、よくよく御難ごなんな年だ、十津川騒動さえ始まらなければ、こんなことはないのだが、湯の客は少ないし、薬種やくしゅを買いに来る商人も見えず、その上に、今日も明日もきびしい落人詮議おちうどせんぎで追い廻される、たまったことじゃないわ」
大菩薩峠:05 龍神の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)