“臍緒”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
えな50.0%
へそな50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
産児の臍緒が落ちていたというので、辻の通行止めがあったり、火災の出た場所の土をふるわせて、火の神をったり、およそ気病いの厄神が、上流層の心に
平の将門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「これがわれの臍緒だよ」と親爺は言つて、自分が眞実の親だといふことを証明しやうとした。そのとき由藏は子供心に可笑しくなつた。また腹も立つた。
泥の雨 (旧字旧仮名) / 下村千秋(著)