“缶入”の読み方と例文
旧字:罐入
読み方割合
かんいれ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
事実も、その通りで、つづいて神尾が楊子を使いながら勝手元で横文字のはいった赤い缶入を横目に見て、吐き出すように
大菩薩峠:34 白雲の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)