“縁切榎”の読み方と例文
読み方割合
えんきりえのき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
下役の銘々多勢ぞろ/\と渡邊織江の世話になった者が、祖五郎お竹を送り立派な侍も愛別離苦で別れをんで、互に袖を絞り、縁切榎の手前から別れて岩吉は帰りました。
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)