“総領君”の読み方と例文
読み方割合
たろうぎみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
まして高遠の大領主伊那殿の総領君でござるからは、ご領内に住む我らにとり縁なき衆生とは申されぬ——聞けば城内の大奥に物の怪出でて騒がす由、それは確かでございましょうな?
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)