綿打屋わたうちや)” の例文
話は村の素封家の一人息子と、貧乏な綿打屋の小町娘との恋物語に始まる。
血の盃 (新字新仮名) / 小酒井不木(著)