“綱鑑易知録”の読み方と例文
読み方割合
こうかんいちろく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
の古い本箱が積み重ねられて、綱鑑易知録、史記、五経、唐宋八家文などと書いた白い紙がそこに張られてあった、三尺の半床草雲の蘭ののかかっているのが洋燈の遠い光におぼろげに見える。
田舎教師 (新字新仮名) / 田山花袋(著)