“絵心経”の読み方と例文
読み方割合
えしんぎょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
絵心経のこと 今日『絵心経』といって、文字の代わりに、一々絵で書いた『心経』が伝わっておりますが、これは、俗に『めくら心経』、または『座頭心経』などとも申しまして
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)