“経論開題供養”の読み方と例文
読み方割合
きょうろんかいだいくよう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この経論開題供養の為に聖覚法印を呼び招くことになった。法印はこの使命を受けて師弟再会を喜びながら導師を勤めたが、その時の表白文が残っている。
法然行伝 (新字新仮名) / 中里介山(著)