“紫折”の読み方と例文
読み方割合
しお100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
内玄関もあれば、車寄せの大玄関もある幽邃な庭園が紫折の向うに、広々と開けている。車が玄関へ滑り込むと、並んでいた大勢の女中が一斉に小腰める。
墓が呼んでいる (新字新仮名) / 橘外男(著)