“索麺屋”の読み方と例文
読み方割合
そうめんや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
貧民窟といわれた通新町を過ぎ、吉原堤にかかりますと、土手際に索麺屋があって、一面に掛け連ねた索麺が布晒しのように風にいているのを珍しく思いました。
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)