“糸垂柳”の読み方と例文
読み方割合
しだれやなぎ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
殊に川端ではあるし日本でいう糸垂柳のごときものもずっと茂って居りますし、桃の樹なども随分その間にある。殊に桃の花の開く時分は余程美しい。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)