“糂粏甕”の読み方と例文
読み方割合
じんたがめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「後生願わん者は糂粏甕一つも持つまじきもの」とは実際だ。物の所有は隔てので、物の執着は争のである。儂も何時しか必要と云う名の下に門やら牆やら作って了うた。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)