“精製糖”の読み方と例文
読み方割合
せいせいとう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
夏も七月の暑い日盛りに開けはなった窓の前で、年とった女中頭が真白に輝いている精製糖の棒を打ち砕いて、キラキラする破片にしているとき、その上をまいまい飛び回っている蠅のようだ。