“籾御藏跡”の読み方と例文
読み方割合
もみおくらあと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「此處から兩國の方へ行つて、すぐ引返して來い。そして新し橋を通り拔けて、籾御藏跡へ行つて引つ返すのだ。誰にもこの仕掛は言はないから、途中で仲間に逢つても口を利くな」
場所は筋違御門(今の萬世橋)の籾御藏跡あたりから、片側町の柳原を、和泉橋から新し橋を經て、淺草御門前の郡代屋敷あたりまで、かなりの長丁場ですが、昔は恐ろしく淋しいところ。