“米田勝彦”の読み方と例文
読み方割合
よねだかつひこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もう一つ、これは未発表のものであるが、北海道大学理学部の米田勝彦氏が現に研究を続けている「粉の波」の現象がある。
自然界の縞模様 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)