“篠崎竹次郎”の読み方と例文
読み方割合
しのざきたけじろう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
夏の雨でございますから其の晴れた様子、代を払って出てきます。先へ探偵に廻ったのは篠崎竹次郎という門弟でございます。
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)