“篠場”の読み方と例文
読み方割合
しのば100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この天嶮の濠をなしている河流をへだてて、西南の一部は、平野であった。有海篠場などと呼ばれている。
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
南方の篠場の原の平地には、武田信廉、穴山梅雪、原昌胤、菅沼定直などの三千五百余。
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)