“篗輪”の読み方と例文
読み方割合
わっか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
で、川のケイズ釣は川の深い処で釣る場合は手釣を引いたもので、竿などを振廻して使わずとも済むような訳でした。長い釣綸篗輪から出して、そうして二本指でりを考えて釣る。
幻談 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)