“皇孫命”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
すめみまのみこと100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“皇孫命”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 日本史 > 日本史1.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
延喜式祈年祭・六月月次つきなみ祭などの祝詞のりとに、「皇孫命すめみまのみことの御世を手長の御世と堅磐かきは常磐ときはいはひ奉る」と云い
手長と足長:土蜘蛛研究 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)