“白石:しろ” の例文
“白石:しろ”を含む作品の著者(上位)作品数
中里介山1
林不忘1
“白石:しろ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
言ったかと思うと泰軒、手もとの白石しろのひとつをとって、パチリとその新たなる黒の集団の真ん中へ入れた。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
白石しろを指頭にハサミながら、貴公子の挨拶が用人の頭の上を走ります。
大菩薩峠:30 畜生谷の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
PR