“痰瘤”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
たんこぶ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“痰瘤”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「八、——この通りだ。あの巡礼の百松は真物ほんものか偽物か、川越へ手紙をやって調べて貰ったんだ。その返事はいちいちあの老爺の言う通り、少しの喰い違いもない。頸筋の痰瘤たんこぶのことまで書いてある。これで俺の考えが決ったよ」