“生牛”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おうし100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“生牛”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
森武蔵守の第二隊は——第一隊との間に、かなりの距離をおいているので、生牛おうしヶ原に、兵馬を休め、兵糧をつかっていた。
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「すぐ隊伍を立て直され、生牛おうしはら金萩かなはぎはらと、あとに続いて参られまする」
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)