“烏丸御池”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
からすまおいけ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“烏丸御池”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 日本史 > 日本史1.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
大獄の第一犠牲として彼が捕縛された時の住宅は、烏丸御池からすまおいけにあったが、近所に劉石舟りゅうせきしゅうという詩人が住んでいて、その孫の話に、当時雲浜の収入はよほどあるものと見え、暮し向き裕かで、訪客絶えず、槍長刀大鳥毛おおとりげ供触ともふれをした客すら見受ける。
志士と経済 (新字新仮名) / 服部之総(著)