“瀕海”の読み方と例文
読み方割合
ひんかい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ハマカンゾウ(浜萱草の意)というワスレグサ(萱草)属の一種があって、広く日本瀕海の岩崖地に生育し、夏秋に葉中長いて橙黄色を日中にらき、吹き来る海風にゆらいでいる。
植物一日一題 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)