“柩造:ひつぎつく” の例文
“柩造:ひつぎつく”を含む作品の著者(上位)作品数
吉川英治1
“柩造:ひつぎつく”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「てまえは鳥部山の柩造ひつぎつくりでございまするが、うかつにも、吉田山の松尾様と合点して、吉田山へお訪ねいたしましたところ、もう二月ふたつきも前にお移りになったのだそうで……いやもう、夜は更けて問う家とてはございませぬし、この辺りも知れにくいところでございますなあ」
宮本武蔵:05 風の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)