“旧誼上”の読み方と例文
読み方割合
きゅうぎじょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
既に重井と諸所を遊説せし身のに葉石との同行をまんようなく、かつは旧誼上何となく不人情のように思われければ、重井の東京に帰るを機として妾も一旦帰郷し
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)