“旧慣墨守”の読み方と例文
読み方割合
きゅうかんぼくしゅ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
わが日本橋区の問屋町は、旧慣墨守因循姑息の土地だけに二、三年後にジワジワと水の浸みるようにはいって来た。でも私はびっくらした事がある。