“日朗”の読み方と例文
読み方割合
にちろう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
桜痴居士作の「日蓮記」で日朗法師と明星天童子を勤め、さらに中幕の「琵琶景清」で榛沢六郎をつとめたが、日朗は召捕りの大立廻りに新手をみせ、土のから佐渡の別れまで幕ごとに活動して
明治劇談 ランプの下にて (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)