“播但線”の読み方と例文
読み方割合
ばんたんせん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
上夜久野の驛を過ぎて、但馬の國に入つた。攝津から丹波、丹波から丹後といふ風に、私達は三つの國のうちを通り過ぎて、但馬の和田山についた。そこは播但線の交叉點にもあたる。
山陰土産 (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)