“掻揚”の読み方と例文
読み方割合
かきあ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すこし癖はあるが長めにした光沢の好い頭髪わず掻揚げているような男の教師の前へも行って立った。
桜の実の熟する時 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)