“探索癖”の読み方と例文
読み方割合
たんさくぐせ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
杉の後ろから出てきて、ギュッと自分の耳朶をつねっていた。例の探索癖で、それからそれへの幻想が暗示を描いてやまないのである。
鳴門秘帖:01 上方の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)