“探幽斎”の読み方と例文
読み方割合
たんゆうさい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
床には、探幽斎の筆、水墨の大幅が掛けてあったが、紙燭のゆらぎに浮いて見えるのは、その絵ではなく、画幅を無残にして遺憾のない大きな文字で
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)