“掘抜井”の読み方と例文
読み方割合
ほりぬきいど100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
せめて掘抜井でも掘ろうかと思うが、経験ある人の言によると、此附近では曾て多額の費用をかけて掘った人があって、水は地面まで来るには来たが、如何してもき上らぬと云うのである。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)