“掘子軍”の読み方と例文
読み方割合
くっしぐん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ここに、袁紹の軍のうちに、許攸という一将校がいた。年はもう相当な年配だが、掘子軍の一組頭だったり、平常は中隊長格ぐらいで、戦功もあがらず、不遇なほうであった。
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
物見によって、それと知った袁紹は、あわてて掘子軍の作業を中止させた。
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
掘子軍というものを編成したのである。
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)