“捃”の読み方と例文
読み方割合
ふし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
息子の小次郎直家は、沢潟を濃く摺りこんだ直垂に、なわ目の鎧を着こみ、西楼という白葦毛に乗った。旗差しの侍は、黄塵の直垂、小桜を黄に染めた鎧、黄河原毛の馬に乗った。