“振事劇”の読み方と例文
読み方割合
ふりごとげき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
振事劇をも研究的にやりたいということをどう言現してよいか、一番むずかしく言いにくく怖かった。
古い暦:私と坪内先生 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
しばらく書かない振事劇を書いて、喜の字のお祝いにデジケートすることで、もとよりこれは「燦々会」同志の労をかりて、先生に読んで頂くばかりでなく見ていただく心組みだったのだ。
古い暦:私と坪内先生 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)